紫外線対策の普段使いの日焼け止めの選び方や塗り方落し方

紫外線は春先から急に増え始め、5~6月には真夏とほとんど同じになります。

冬でも夏の半分ほどの紫外線量があり、一年中紫外線を浴びていることになります。

くもりなら紫外線はそんなに強くないかというとそうでもなく、晴れている日の半分以上は影響があるそうです。

くもりでも紫外線が強い時期は、日焼けをしないよう注意が必要ですね。

日焼け防止のためにすることといえば、帽子や日傘、サングラス、夏でも長袖を着るなどありますが、まずはみなさんやっていることとして、日焼け止めを塗ることが最初に思いつきますよね。

では、日常使う日焼け止めには、どのようなものがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

普段使いの日焼け止めの選び方

SPFとかPA+とかって聞いたことがありますか。

市販の日焼け止めにも、SPF30とかSPF50とか、そしてPA+やPA++など表示されています。

詳しいことはわからずに、数字が高いものや+が多いものがいいんじゃないかと思ってしまいますよね。

SPFは、紫外線に当たってから日焼けしてしまうまでの時間を遅らせる数値の目安です。

SPF1が約20分位ですので、SPF30はその30倍遅らせるという事になります。

PAはというと、紫外線A波をカットする効果で、+が多いほど効果が高くなります。

SPFやPAはレジャーや子供と公園、通勤時に少し外へ出る程度、近所へ買い物など、
シーンによって使い分けるのがいいと思います。

SPFが高い方が日焼け止め効果が高いのですが、実際SPF30を超えると効果は変わらないと言われています。

ですので、日常生活で少し紫外線を浴びる程度で毎日SPF50を塗る必要もないと思います。

SPF50だと肌への負担が大きいので、クレンジングをしても落とし切れていないような感じがしたり、パキパキとつっぱってしまうようならSPF30以下にすることをオススメします。

肌質にもよりますので、はっきり断言できませんが、ほんのちょっとの外出ならSPF15とか20でも十分かと思いますよ。

顔や体の日焼け止めの塗り方

生活紫外線でもお肌は焼けてしまいます。

知らず知らずにファンデーションの色が合わなくなっていたなんてこともしょっちゅう聞きます。

スポンサーリンク

一年中通して紫外線はありますから、多少の日焼けは仕方ないかなとも思います。

ですが、日焼け止めを塗る際は、鼻や頬などの日焼けしやすいところは意識して塗り忘れがないようにしたいですね。

あと、髪の毛が短い人なら耳もしっかり塗っておきましょう。

体は、露出している部分はもちろんですが、洋服と肌の境界は忘れずにしっかり塗ります。

くっきり日焼けの線が残るのは絶対に避けたいですね。

クリームタイプは面倒なので、私は普段はポンプタイプを使っています。
スプレータイプも手軽で人気です。

それと、こまめに日焼け止めを塗ると良いとも聞きます。

朝メイクをするときは、大体が下地の上に日焼け止めを塗ってその上にファンデーション、もしくは下地がわりに日焼け止めを塗ってからファンデーションという人が多いですよね。

最近では、美容成分配合の日焼け止めなんていうのもありますから、取り入れてみるのもいいですね。

お化粧直しの際は、UVパウダーがオススメです。
サラサラしていてべたつかず、お化粧直しをする要領で日焼け止めを重ね付け。

日焼け止めの落とし方

最近は、石鹸で洗い落とせますとか、ウォータープルーフでクレンジング剤を使用して落としてくださいとかかいてある日焼け止めも結構あります。

その場合はその通りに従ってください。

何も書いていなくて、ウォータープルーフのようななかなか落ちないものはクレンジングを使う方がいいでしょう。
薬局で安く売っているクレンジングオイルやジェルなどが気軽に使えて落としやすいですね。

無添加のものや、赤ちゃんでも使えるような刺激が強くないタイプの日焼け止めなら、通常お使いの石鹸やボディソープで大丈夫だと思います。

まとめ

レジャーなど紫外線を多く浴びてしまう状況じゃない限り、なるべく肌の負担をおさえてあげるとその後のケアも楽になります。

いつも通りに日焼け止めを塗っていても、日によってつっぱりを感じることもありますが、その場合はいつもより化粧水を多くつけたり、美白化粧水を足したりしましょう。

日焼け止めについてはこちら
日焼け止め落とさないとどうなるの?消費期限や落としたあとのケア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする