七夕の由来や伝説と笹や短冊など7つの飾りの準備や処分方法

毎年7月7日の七夕には、短冊に願い事を書いて笹に飾ります。
織姫と彦星の七夕物語も知っています。

ですが、七夕の行事って一体なんなの?と思ってちょっと調べてみました。

スポンサーリンク
  

七夕の由来

七夕の由来は雛祭りや端午の節句と同じように中国から伝わった乞巧奠(きこうでん)という風習と、日本独自の風習が合わさったものだと言われています。

乞巧奠は中国で手芸・裁縫などの上達を祈った行事で、日本には奈良時代に中国から乞巧奠が伝わってきたようで、宮中で行われるようになりました。

江戸時代には民衆でも行うようになり、歌や願い事を書いた短冊を掛け、5色の飾り糸や布などで竹を飾りました。

後に手芸や音楽、詩や字など芸や習い事などの上達も含めるようになっていきました。

そして、次第に日本古来の神を迎える儀式と一緒になって「七夕」となっていったようです。

また、七夕は7月15日を中心とする盆の始まりの儀式として起こったものでもあります。

盆というのは、収穫を感謝し、秋の実りを祈って祖先の霊を祭るという意味がありますので、
願い事もそのような願いがたくさん込めれていたのではないかと思います。

盆といっしょになり、旧暦の7月15日に、祖霊が訪れる川や海のそばに竹を立てて、棚に供物を捧げ機を織りました。

竹の空洞になっている部分に神霊が宿るとされ、古くから神聖視されていたようで、神様やご先祖様が地上に降りる目印でもあるといわれています。

中国から伝わった乞巧奠という風習と、日本の盆行事、そして天の川のお話などが合わさって今の七夕になったのですね。

七夕物語(伝説)

7月7日は織姫と彦星が年に1回めぐり合うというお話がありますね。
7月7日夕方なので「七夕」となったとも言われています。

昔、天の川の東に天の娘ではたおりの上手な織姫が住んでいました。

織姫が年頃になったので、父親の天帝はとてもよく働く牽牛という彦星と結婚させました。

ところが結婚してからというもの、二人とも仕事をおろそかにし二人で遊んでばかり。
天帝は注意しましたが効き目がなかったので、二人を川の東と西に別れさせてしまいました。

織姫は悲しみにくれて泣いてばかりなので、かわいそうになった天帝は年に一度、旧暦の7月7日の夕方だけに川を渡って逢うことを許しました。

年に一度七夕の夜に二人が会えることを祝福し、また機織りの技術が上達することを願う意味がありますので、それにあやかって手芸や裁縫、さらには習い事の上達などをお祈りするようになったのです。


スポンサーリンク

七夕の笹はどこに売っているの?

子供が小さい頃は、幼稚園などから笹をもらって帰って来ることもありますよね。
幼稚園を卒園してしまったらもらえなくなってしまいます。
では、笹って一体どこで売っているのでしょうか?

七夕が近くなるとお花屋さんで笹を見かけるようになります。
お花屋さん以外でも、ホームセンターにも売っています。
今は便利な時代で、ネット通販などでも買えますよ。

プラスチック製の造花の笹も販売されていますが、生の笹の場合、傷んでしまうと悲しいですよね?

そうならないように事前に短冊や飾りだけ用意しておき、七夕ギリギリで購入するというのも手だと思います。

笹に飾る七夕飾りには7つの飾りがあります。
一つ目はみんなが願い事を書く短冊です。

七夕の短冊など7つの飾りの意味

1. 短冊
7つの飾りの中で一番最初に思いつくのが短冊だと思います。
中国から伝わったばかりの頃は5色の糸が飾られましたが、後に5色の布に代わり、やがてこの風習が庶民に広まり始めると、高価な布から5色の短冊へと変わっていきました。


5色の短冊は、もともとは中国の陰陽五行説によるもので、赤・青・黄・白・黒でしたが、その後これらの色を統一する色として黒の代わりに紫になりました。
そしてその短冊に字の上達を願い、字を書くようになったのです。

・青(緑)・・・徳を積む、人間力を高める
・赤・・・祖先への感謝の気持ち
・黄・・・信頼、友人を大切にする
・白・・・義務や決まりを守る
・黒(紫)・・・学問の向上

習い事や学業の願いは黒か紫の短冊というように、色の意味と願い事を合わせた方が良いのではないでしょうか。

短冊以外の飾りにもそれぞれ意味があります。

すぐ飾るわけではないのですが、どんなものか実際に作ってみました。
カラフルにしたかったので折り紙の色は適当に選びました。

あっという間に出来上がりましたので、ぜひ作ってみてくださいね。


2. 紙衣(かみころも)・・・裁縫の上達
0974kamigoromo
こちらを参考にしました→ちびむすドリル


3. 折鶴(おりづる)・・・健康長寿
折り鶴は作ったことあると思いますので作り方は省略します。
0977orizuru


4. 巾着、財布(きんちゃく、さいふ)・・・ 節約、貯蓄
kinntyakusaifu0975
こちらを参考にしました→セツの折り紙処


5. 投網(とあみ)・・・豊漁、豊作
0976toami
こちらを参考にしました→セツの折り紙処


6. 屑篭(くずかご)・・・物を大事にするように、清潔、倹約
0971kuzukago
こちらを参考にしました→セツの折り紙処


7. 吹き流し(ふきながし)・・・織姫の織糸を象徴し機織りが上達するように
0973fukinagasi
こちらを参考にしました→年間行事カレンダー

七夕の笹の処分、七夕送り

七夕飾りは七日の夜に軒先から下ろします。
もともとは、七夕送りといって七夕飾りは海や川へ流すという風習でした。

現在では海や川の汚染をすることになりますので、七夕送りを行う地方も少なくなっています。
とはいえ七夕飾りをそのままにはしておけませんね。

七日の夜には片づけて、庭などで燃やすのが無理な都心部であれば、自治体のルールに従って処分しましょう。

名残惜しければ写真など撮っておけば良いのではないかと思います。
毎年短冊に書く願い事も変わると思いますので、来年お子さんと一緒に写真を見てみるのも楽しそうですね。

そんな事をできるのも小さいうちだけだと思いますので、ぜひ楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする