お盆の日程とマンションでの新盆のお供えや迎え火送り火など

毎年、亡くなった人が夏のお盆の時期に家に帰って来るので、お供えをしてお迎えをするお盆という儀式が日本にはありますね。

四十九日の忌明けの後に、亡くなった人が初めて戻ってくるお盆の事を「新盆」と言います。

新盆は、お寺のお坊さんに読経をしてもらったり、新盆用の提灯があったりと、毎年行うお盆とは違いますので、事前に学んでおくといいと思います。

とはいっても、最近は住宅事情などで大きな提灯を飾れなかったり、マンションなどで迎え火送り火ができないなんてこともありますので、できる範囲でお迎えして故人を偲ぶというように変わってきているようです。

スポンサーリンク

お盆の日程は7月?8月?

お盆の日程は、地方によって違いがあります。
旧暦では7/13~16で、13日に迎え火をして16日に送り火をするというのが正式の日程のようです。

関東では、7/13~16にお盆を行うところもありますが、関西地区では月遅れで8/13~16に行うことが多いようです。

私は東京生まれの東京育ちですが、母方の実家は東北で、毎年8/13~16にお盆になります。

東京と地方のお盆の日程をずらすことで親戚が集まりやすいなどの事情から、日程をずらしたという説もあります。

主人の両親は元々関西の人ですが、東京に移り住み、先祖代々のお墓を東京に作りました。

お盆のお墓参りで集まるのは8月中旬です。

日にちも毎年決まっておらず、親戚がなるべく多く集まる日で毎年調整しています。

大きな霊園ですが、やはり8/13頃からが一番人が多いように感じますので、東京でも8月にお盆を行う家庭が多いと思います。

とても曖昧な感じですが、日がずれたからといってバチが当たるわけではないと思いますし、
それぞれのご家庭の都合に合わせた日程できちんとお迎えをして感謝をする気持ちが、一番大切だと思います。

マンションでの新盆のお供え

■仏壇とは別に精霊棚を設けます。
大げさに考えなくても大丈夫です。
小さな机を用意して白い布などをかければいいのです。


■「まこも」のござの上に、真ん中にお位牌を安置し、周りに仏具やお花などを飾りましょう。
「まこも」には魔除けの意味があり、神聖な場所とされているので、そこに戻ってきてもらうということなのだそうです。
「ほおずき」は代表的な盆花ですが、提灯の代わりとされていたみたいです。


■新盆の盆提灯、亡くなった人が初めて家に戻って来るので、迷子にならないように目印に白い提灯を飾ってお迎えします。
場所は玄関先か精霊棚に飾ります。

盆提灯は親族が送る風習もあるようですが、住宅事情など大きさの問題もあったりして、その風習もなくなってきているようです。

白い提灯は新盆でしか使いません。新盆の翌年からのお盆は柄の入った提灯で、最近はインテリアとして飾れるようなおしゃれな提灯も売っています。


■きゅうりとなすにおがらの足を付けて飾ります。
きゅうりとなすは精霊の乗り物で、きゅうりを馬、なすを牛として、足の速い馬(きゅうり)に乗って家に帰ってきて、足の遅い牛(なす)に乗ってのんびり帰るという意味があります。
足は、おがらではなく割り箸で代用している方も多いです。

きゅうり、なす、ほおずきのセットがスーパーなどでも売っていたりしますね。


■蓮の葉の上に、水の子を供えます。
「水の子」とはお盆のお供え物で、きゅうりとなすを細かく刻んだものと洗い米を混ぜたものです。
蓮の葉はスーパーや仏具店で売っています。


■「閼伽水(あかみず)」を供えます。
器にきれいな水を入れ、その器の上にミソハギの花5~6本のミソハギの束(長さ20~30㎝)を添えます。このミソハギの束に閼伽水を含ませて水の子に注ぎます。

これは餓鬼に対しての施しで、供養して救済することを意味しており、ご先祖様やあらゆる精霊の喜びになります。

ミソハギの花はお盆近くになると花屋に売っているのですが、季節もので早く売り切れてしまうこともありますのでご注意ください。
予約ができるようならしておいたほうがいいと思います。


ちなみに私はこちらのお店で色々揃えましたが、ネット通販にも、マンションでも飾れるような牛・馬、蓮の葉、まこもやおがら、ミニ提灯のセットなども売っていますので、探してみてはいかがでしょうか?
京仏壇はやし


■お供え物は季節の果物やそうめん、故人が好きだったもの(お酒、お菓子)などなんでもいいです。
お盆用の和菓子なども売っていますが、日持ちしないなどの理由から、最近では袋に入ったおつまみ煎餅などをお供えする方も増えているそうです。


マンションですと飾れる場所も少ないので申し訳ない気もしますが、そこは仕方ないと割り切って、一つ一つ小さいお皿に分けてお供えをしたり、そうめんにはちゃんとそうめんつゆを付けたり、お箸も一緒に添えたりと、ご先祖様の気持ちになってお供えすることを心がけましょう。


スポンサーリンク

迎え火と送り火

「迎え火」とは、13日の夕方に玄関の門口で、ほうろくと呼ばれる素焼きのお皿の上でおがらを焚きます。

亡くなった方が迷わず家に帰って来れるように目印として行います。

15日の夜、もしくは16日には、今度は「送り火」を焚いて見送ります。

マンションの場合、建物の外で缶におがらを燃やして迎え火送り火をしている方もいるようですが、少しの煙でも火災報知器が反応してしまうなど、なにかと心配もありますので、無理にやることはないと思います。


実際私も、玄関外の共用部分の廊下やベランダでできないかと検討しましたが、火災報知器が反応してしまうのが心配で、火をつけることができませんでした。
そのかわり、提灯の明かりを目印に戻って来れるように、ベランダ付近に提灯をずっと灯していました。

お坊さんの読経は?

通常、新盆では、通年のお盆と違いお坊さんにお経を読んでもらうのが一般的ですので、できれば読経はしていただいた方がいいでしょう。

お寺やお墓で読経してもらうこともできますし、家に来ていただくこともできます。
親戚の人数やその後の食事やお返しはどうするかなど、ご家庭で相談して決めるといいと思います。

家に来ていただく場合は、お坊さんのお車代が必要になりますし、お坊さんの食事はどうするのか?お坊さんのほうから食事は遠慮されることもありますので、その場合はお食事代としてお布施の他にお渡しすることになるでしょう。

地域や親族の考え方でも、やり方やお布施の金額などの違いがありますので、葬儀をお願いした葬儀屋さんや直接お寺さんでもいいので(お布施の金額はお寺さんには聞けないと思いますが^^;)、一度相談してみるのがいいと思いますよ。
大抵は親切に教えてくれます。

私の両親は真言宗の智山派という宗派で、その宗派のしきたりなどを聞こうとしましたが、お坊さんは「しきたりにこだわらなくていい、亡くなった方への供養の心が大事です」とおっしゃってくださいました。

聞くのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、一生のうちで法要などの施主の経験をすることもそう何回もありませんので、知らなくても何も恥ずかしいことではないと思います。

穏やかな気持ちで、無事に新盆を迎えてご供養できるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする