温活!夏の冷房による冷え対策やどうして女性は冷え性が多いのか?

夏は体が暑くてつい冷たい飲み物を飲んだり、薄着をしたり、冷房で冷えた部屋で過ごしたり、体を冷やす事をしていませんか?

暑いのに体のどこかが冷えている。
なんだかだるい。

こんな症状は、もしかしたら冷えによる不調かもしれません。

スポンサーリンク

なぜ冷え性は女性に多いのか?

一年中通して冷えに悩んでいるのは、男性より女性の方が圧倒的に多いように思います。

では、なぜ女性は冷えやすいのでしょうか?

体の熱は筋肉を動かすことで保たれています。
その熱を作り出す筋肉の量が、男性と比べると女性は少ないのです。

筋肉の量が少ないと血流やリンパの流れが悪くなってしまいますので、体も温まりにくくなり、むくみやすくなります。

そして、女性は男性より脂肪が多いです。

女性は、妊娠・出産で胎児を守るために、多くの脂肪を蓄える必要があります。
この脂肪は、一度冷えてしまうと、外から熱を加えてもなかなか温まりにくいのです。

さらに、女性は子宮や卵巣などの特有の内臓があるため、腹部の血流が悪くなります。
月に一度の月経によっても血液の量が一時的に減るので冷えやすくなります。

月経時の不調は、お腹周りが冷えることが原因とも言われていますし、お腹周りは特に脂肪が付きやすいので、冷やさない事が大事です。

スポンサーリンク

エアコンによる冷え性対策

暑い外から冷えた部屋に入るととても気持ちいいですよね。
でも、エアコンのきいた部屋にずっといると、知らない間に体が冷えてしまいます。

体が冷えていることにも気付かずに薄着でいたり、冷たい飲み物を飲んだりしていては、体はどんどん冷えていってしまいます。


ですが、職場などでエアコンの調整ができない時もあります。
そんな時は

  • 上着を羽織る。
  • 腹巻をする。
  • カイロを貼る。
  • ひざ掛けをする。
  • 靴下を履く。
  • 食べ物や飲み物は温かいものを選ぶ。


など、体が冷えないように心がけましょう。


また、筋肉を動かし血流を良くして、体温を上げるという方法もあります。
寒さを感じると、毛細血管が縮み血流が益々悪くなりますので悪循環です。

  • たまに休憩をして歩く。
  • 仕事をしながら足の指を開いたり閉じたりして動かす。
  • 座ったまま足踏みをしてみる。
  • かかとの上げ下げ。
  • トイレに行くついでにつま先立ち。
  • エレベーターではなく階段を使う。
  • 移動はなるべく体を動かす手段を選ぶ。


など、少しでいいので体を動かすと違いますのでやってみましょう。

さいごに

年齢を重ねるごとに筋肉も落ちてくるので、冷えやすくなり、肩こり・腰痛・不眠や低体温の原因になります。
温活で体を温めて、いつまでも健康でいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする